HOME>ホットトピックス>クーポンを使おう!ダイレクトメールでリピート客をGET!

目次

ダイレクトメールとチラシの違い

郵便受け

ダイレクトメールは個人あてに送られるもので、DMと言われています。ダイレクトメール元々企業側が住所を知らなければ送れないものなので、リピート客を目的としたものです。リピート客を掴むことはもちろん、資料請求しただけで、購入していない客にも働きかけることができます。また、ダイレクトメールは購入履歴を参考にして、顧客を限定して贈ることも可能です。不特定多数に告知するチラシとは違い、費用対効果が高いと言われています。

ダイレクトメールのメリット

郵便物

ダイレクトメールのメリットは情報を沢山伝えられる事です。商品の案内やカタログの送付にはぴったりです。また、効果を測定することもできます。反応率の高さによって今後の広告に変化をさせる事ができます。また、ダイレクトメールはマイナーチェンジが可能なので、顧客の反応に合わせて贈ることも可能です。

デメリットはコスト

郵便受け

量も企画も多いことから、コストがかかりやすいということがあります。2000通以上出す場合は広告郵便物として、申請でき、割引が適用されます。もう一つのデメリットとして、名前や住所を知らないといけない点です。情報がなければ送ることさえ出来ません。

こんな業界がダイレクトメール向き

郵便物

ダイレクトメールが向いているものとそうでないものがあります。一般的に通販サイトはダイレクトメールの効果が高いと言われています。通販の販売スタイルとダイレクトメールがマッチしているからですね。また、美容室やエステ等もリピート客が来やすく、ダイレクトメール向きと言えます。さらにイベントや展示会もダイレクトメールが有効です。より、リピート率をあげるにはキャンペーンやクーポンなどの特典を効果的に使いましょう。

広告募集中