HOME>注目記事>【お客さんを集める】横断幕でイベントを宣伝!

告知の方法

効果的にお客さんを集める方法として横断幕があります。よくある告知の方法ですが、より沢山の人に見てもらうにはどうしたら良いのでしょう?まずは横断幕のデザインを良く考えたほうがよさそうです。ここではどのようなデザインが効果的なのか解説していきます。自分たちで横断幕を作る時の参考にしてみてください。効果的な横断幕は共通点がありますよ。

横断幕の生地一覧

  • トロマット
  • 防炎トロマット
  • ターポリン
  • グロスターポリン
  • メッシュターポリン
  • 遮光ターポリン

効果的な横断幕とは

横断幕

イベント等で使われる横断幕。イベントは基本的に誰でも参加できるものですから、大勢にイベントを知ってもらわなくてはいけません。多くの人に足を運んでもらうためには横断幕は広告としてとても有効です。なぜなら、インターネット等の告知と違い、探さなくてもみることができます。更に見る人がどこで見るかも限られるので、来てほしい地域の人に広くそのイベントを告知できるのです。目立たせたいと考えているなら、大きな横断幕が必要です。しかし、大きな横断幕にするなら、生地はしっかりしたものにしましょう。また、横断幕を付ける場所があるかも確認する必要があります。また、野外に飾るなら、雨風の時はどうするのか考えて、素材を選ぶ必要があります。

デザインは良く考えよう

横断幕

横断幕のデザインは「見えればいいんでしょ」と簡単に考えている人も多いはずです。しかし、シンプル過ぎても印象に残りませんし、ごちゃごちゃしすぎても読めないのです。あまり詰め込みすぎず、かつ印象に残るデザインを考えましょう。遠くにある場所からも確認できるようなデザインを考えられたらベストです。また、写真はごちゃごちゃしやすいので、横断幕には禁物です。簡単なイラストがおすすめです。

広告募集中